メニュー




顧問・理事挨拶

   

環境総合研究所
廃棄物関連講習会検討委員会 理事

松藤 敏彦

松藤顧問・理事

略 歴/北海道大学大学院工学研究院 教授
    環境保全センター長
    旭川市最終処分場監視委員会会長
    一般社団法人 環境総合研究所 廃棄物関連講習会検討委員
 ごみは、環境問題の中で最も市民に身近で、関心が高い。しかし分別、収集、処理、資源化、埋立などさまざまなプロセスからなる大変複雑なシステムである。ごみは家庭と事業所、事業活動の種類によって組成はさまざまであり、その特性に合わせた処理技術が必要になる。また、ごみの処理・資源化を効率的に行うには、前処理技術、さらにさかのぼって収集、分別の方法を適切に選択することも必要である。ごみ処理技術を勉強することはもちろんだが、広くごみ処理全体に目を向けていると、個々の技術の位置づけ、意味が理解できる。現場でごみに携わると、眼前の問題にとらわれて広い勉強をすることが難しくなる。対象を詳細に見つめるとともに広い視野を持つ「鳥の目、虫の目」を、若いうちに養うことが必要である。
  廃棄物資源循環学会は、研究発表会、学会誌、シンポジウム等を通じて廃棄物にかかわる様々な研究を発表し、情報交換する場である。研究者、メーカー、コンサル、自治体などが主たる構成員であり、これまでは対象が一般廃棄物に偏る傾向が強かった。理事・学術研究委員長として、ごみ発生量、関与する人員数とも大きな割合を占める産業廃棄物関係の方々の参加と協力を拡大したいと考えている。また、次代を担う若い人材の育成が急務であり、その点でも一般社団法人 環境総合研究所に期待している。


 環境総合研究所
廃棄物関連講習会検討委員会 理事

押谷 一
略 歴/博士(地球環境科学)
    酪農学園大学 農食環境学群環境共生学類 教授
    日本計画行政学会 常務理事
    北海道都市地域学会 理事(企画委員長)
    江別市廃棄物減量等推進審議会 会長
    新ごみ処分場長期包括的管理運営評価委員会(岩見沢市)委員長
 現代の経済社会は、資源の消費によって成り立っていますが、これまでのような消費を続けていると石油や主要な鉱物資源は、21世紀中に枯渇してしまいます。そのため、廃棄物を汚物や不要物ではなく循環資源とすることが求められており、廃棄物に関わる産業が重要な役割を担うことになります。生物が生きるために動脈だけでなく静脈が必要なように廃棄物産業は、経済社会を持続あるものにするために必要不可欠な産業なのです。








トップページへ  ページの上へ戻る